旧ブログ - 最新エントリー

Linux Mint 17 Qianaでの、MRTGのインストールと設定。

カテゴリ : 
Linux Mint
執筆 : 
Blogger's Avatar  2014/10/21 17:20
下図のような折れ線グラフ+棒グラフを5分おきに更新させるツール、MRTGをご紹介します。
 aaa

# apt-get install snmp snmpd mrtg hddtemp lm-sensors nkf

# vi /etc/snmp/snmpd.conf


(下記を最下行に追記する。)

view all included .1 80
view system included .1.3.6.1.2.1.1

com2sec local localhost private
com2sec mynetwork 192.168.0.0/24 public
(上記の下線部分は、環境に合わせて適宜変更してください。)

group MyROSystem v1 paranoid
group MyROSystem v2c paranoid
group MyROSystem usm paranoid
group MyROGroup v1 readonly
group MyROGroup v2c readonly
group MyROGroup usm readonly
group MyRWGroup v1 readwrite
group MyRWGroup v2c readwrite
group MyRWGroup usm readwrite
group MyRWGroup any local
group MyROGroup any mynetwork


access MyROSystem "" any noauth exact system none none
access MyROGroup "" any noauth 0 all none none
access MyRWGroup "" any noauth 0 all all all

disk / 10000


snmpd を再起動し、mrtg.cfgを作成する。

# /etc/init.d/snmpd restart

# cfgmaker private@localhost > /etc/mrtg.cfg


mrtg.cfgを編集します。

# vi /etc/mrtg.cfg


# Created by

# /usr/bin/cfgmaker --ifref=descr --ifdesc=descr public@192.168.0.111


### Global Config Options

#  for UNIX
WorkDir: /home/USERDIR/public_html/html/mrtg/

#  or for NT
# WorkDir: c:\mrtgdata

### Global Defaults

#  to get bits instead of bytes and graphs growing to the right
Options[_]: growright, noinfo

EnableIPv6: no
Language:eucjp

### Interface 2 >> Descr: 'eth0' | Name: 'eth0' | Ip: '192.168.0.111' | Eth: '00-03-0d-d3-bf-46' ###

Target[eth0]: \eth0:public@192.168.0.111:
SetEnv[eth0]: MRTG_INT_IP="192.168.0.111" MRTG_INT_DESCR="eth0"
MaxBytes[eth0]: 125000000
Title[eth0]: eth0トラフィック
PageTop[eth0]: <h1>eth0トラフィック</h1>

### CPU Usage ###
Target[cpu]: .1.3.6.1.4.1.2021.11.50.0&.1.3.6.1.4.1.2021.11.52.0:private@localhost
MaxBytes[cpu]: 100
#Unscaled[cpu]: dwmy # 縦軸を100%にしないで実績値に合わせる(100%にするとグラフがみえないため)
Options[cpu]: growright, noinfo, nopercent
YLegend[cpu]: CPU usage(%)
ShortLegend[cpu]: (%)
LegendI[cpu]: ユーザ 
LegendO[cpu]: システム
Legend1[cpu]: CPU使用率(ユーザ)(%)
Legend2[cpu]: CPU使用率(システム)(%)
Title[cpu]: CPU使用率
PageTop[cpu]: <H1>CPU使用率</H1>

# free(コマンド’free'を打ち込み、下記の下線の部分を、”Memory Free”項目の、”MaxBytes1[mem]:”、”MaxBytes2[mem]:”にコピペする。)

             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:       4049052    3714600     334452          0     565632    1791352
-/+ buffers/cache:    1357616    2691436
Swap:      4124668        356    4124312

### Memory Free ####
Target[mem]: .1.3.6.1.4.1.2021.4.6.0&.1.3.6.1.4.1.2021.4.4.0:private@localhost
MaxBytes1[mem]: 4049052

MaxBytes2[mem]: 4124668
Unscaled[mem]: dwmy
Options[mem]: gauge, absolute, growright, noinfo
YLegend[mem]: Mem Free(Bytes)
ShortLegend[mem]: Bytes
kilo[mem]: 1024
kMG[mem]: k,M,G,T,P
LegendI[mem]: Real
LegendO[mem]: Swap
Legend1[mem]: 空き物理メモリ[MBytes]
Legend2[mem]: 空きスワップメモリ[MBytes]
Title[mem]: 空きメモリ量
PageTop[mem]: <H1>空きメモリ量</H1>

### Disk Used ####
Target[disk]: .1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1&.1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1:private@localhost
MaxBytes[disk]: 100
Unscaled[disk]: dwmy
Options[disk]: gauge, absolute, growright, nopercent, noinfo
YLegend[disk]: Disk Used(%)
ShortLegend[disk]: (%)
LegendI[disk]: / Disk used
LegendO[disk]: / Disk Used
Legend1[disk]: / Disk used
Legend2[disk]: / Disk used
Title[disk]: ディスク使用率
PageTop[disk]: <H1>ディスク使用率</H1>

### CPU Temp ###
Target[cputemp]: `/root/sensors.sh`
MaxBytes[cputemp]: 100
Title[cputemp]: CPU温度
PageTop[cputemp]:<h1>CPU温度</h1>
Options[cputemp]: growright,absolute,gauge,nopercent,noinfo
WithPeak[cputemp]: ymw
#unscaled[cputemp]: dwmy
YLegend[cputemp]: Temperature
ShortLegend[cputemp]: C
LegendI[cputemp]: CPU0
LegendO[cputemp]: CPU1
Legend1[cputemp]: CPU0温度
Legend2[cputemp]: CPU1温度

### SSD Temp ###
Target[hddtemp]: `/root/hddtemp.sh`
MaxBytes[hddtemp]: 80
Title[hddtemp]: SSD温度
PageTop[hddtemp]:<h1>SSD温度</h1>
Options[hddtemp]: growright,absolute,gauge,nopercent,noinfo
WithPeak[hddtemp]: ymw
YLegend[hddtemp]: Temperature
ShortLegend[hddtemp]: C
LegendI[hddtemp]: Temp:SSD
LegendO[hddtemp]: Temp:SSD
Legend1[hddtemp]: SSD Temperature in Degrees Celcius
Legend2[hddtemp]:
SSD Temperature in Degrees Celcius


mrtg.cfg を mrtg.cfg.orgとしてコピーし、mrtg.cfg をEUC-JP化する

# cp /etc/mrtg.cfg /etc/mrtg.cfg.org

# nkf -e /etc/mrtg.cfg.org > /etc/mrtg.cfg


sensors.shと、hddtemp.shを"/root"に作成する。

# vi /root/sensors.sh


#!/bin/sh

sensors | grep Core | awk '{print $3}' | sed -e 's/+//' -e 's/[^0-9+\.].*//'


# vi /root/hddtemp.sh


#!/bin/sh

/usr/sbin/hddtemp -n /dev/sda1
/usr/sbin/hddtemp -n /dev/sda2


# chmod +x /root/sensors.sh /root/hddtemp.sh 


CPUの温度を測定するための準備

# sensors-detect

(下記の「YES/no」の質問は、みんな”ENTERキー”でおk。)


# sensors-detect revision 5861 (2010-09-21 17:21:05 +0200)
# System: Mouse Computer I50Ix1 (laptop)

This program will help you determine which kernel modules you need
to load to use lm_sensors most effectively. It is generally safe
and recommended to accept the default answers to all questions,
unless you know what you're doing.

Some south bridges, CPUs or memory controllers contain embedded sensors.
Do you want to scan for them? This is totally safe. (YES/no):
Module cpuid loaded successfully.
Silicon Integrated Systems SIS5595...                       No
VIA VT82C686 Integrated Sensors...                          No
VIA VT8231 Integrated Sensors...                            No
AMD K8 thermal sensors...                                   No
AMD Family 10h thermal sensors...                           No
AMD Family 11h thermal sensors...                           No
Intel digital thermal sensor...                             Success!
    (driver `coretemp')
Intel AMB FB-DIMM thermal sensor...                         No
VIA C7 thermal sensor...                                    No
VIA Nano thermal sensor...                                  No

Some Super I/O chips contain embedded sensors. We have to write to
standard I/O ports to probe them. This is usually safe.
Do you want to scan for Super I/O sensors? (YES/no):
Probing for Super-I/O at 0x2e/0x2f
Trying family `National Semiconductor'...                   No
Trying family `SMSC'...                                     No
Trying family `VIA/Winbond/Nuvoton/Fintek'...               No
Trying family `ITE'...                                      No
Probing for Super-I/O at 0x4e/0x4f
Trying family `National Semiconductor'...                   Yes
Found unknown chip with ID 0x8502

Some hardware monitoring chips are accessible through the ISA I/O ports.
We have to write to arbitrary I/O ports to probe them. This is usually
safe though. Yes, you do have ISA I/O ports even if you do not have any
ISA slots! Do you want to scan the ISA I/O ports? (YES/no):
Probing for `National Semiconductor LM78' at 0x290...       No
Probing for `National Semiconductor LM79' at 0x290...       No
Probing for `Winbond W83781D' at 0x290...                   No
Probing for `Winbond W83782D' at 0x290...                   No

Lastly, we can probe the I2C/SMBus adapters for connected hardware
monitoring devices. This is the most risky part, and while it works
reasonably well on most systems, it has been reported to cause trouble
on some systems.
Do you want to probe the I2C/SMBus adapters now? (YES/no):
Using driver `i2c-i801' for device 0000:00:1f.3: Intel ICH9
Module i2c-i801 loaded successfully.
Module i2c-dev loaded successfully.

Next adapter: i915 gmbus disabled (i2c-0)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):


Next adapter: i915 gmbus ssc (i2c-1)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):


Next adapter: i915 GPIOB (i2c-2)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):

Next adapter: i915 gmbus vga (i2c-3)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):
Next adapter: i915 GPIOA (i2c-4)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):
Next adapter: i915 gmbus panel (i2c-5)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):
Client found at address 0x50
Probing for `Analog Devices ADM1033'...                     No
Probing for `Analog Devices ADM1034'...                     No
Probing for `SPD EEPROM'...                                 No
Probing for `EDID EEPROM'...                                Yes
    (confidence 8, not a hardware monitoring chip)

Next adapter: i915 GPIOC (i2c-6)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):
Client found at address 0x50
Probing for `Analog Devices ADM1033'...                     No
Probing for `Analog Devices ADM1034'...                     No
Probing for `SPD EEPROM'...                                 No
Probing for `EDID EEPROM'...                                Yes
    (confidence 8, not a hardware monitoring chip)

Next adapter: i915 gmbus dpc (i2c-7)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):

Next adapter: i915 GPIOD (i2c-8)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):

Next adapter: i915 gmbus dpb (i2c-9)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):

Next adapter: i915 GPIOE (i2c-10)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):

Next adapter: i915 gmbus reserved (i2c-11)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):

Next adapter: i915 gmbus dpd (i2c-12)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):

Next adapter: i915 GPIOF (i2c-13)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):

Next adapter: DPDDC-B (i2c-14)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):

Next adapter: DPDDC-C (i2c-15)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):

Next adapter: DPDDC-D (i2c-16)
Do you want to scan it? (YES/no/selectively):

Now follows a summary of the probes I have just done.
Just press ENTER to continue:

Driver `coretemp':
  * Chip `Intel digital thermal sensor' (confidence: 9)

To load everything that is needed, add this to /etc/modules:
#----cut here----(ココが重要ポイントです。この部分を切り取り、”/etc/modules”に追記します。)

# Chip drivers
coretemp
#----cut here----

If you have some drivers built into your kernel, the list above will
contain too many modules. Skip the appropriate ones!

Do you want to add these lines automatically to /etc/modules? (yes/NO)

Unloading i2c-dev... OK
Unloading i2c-i801... OK
Unloading cpuid... OK


# vi /etc/modules


# /etc/modules: kernel modules to load at boot time.
#
# This file contains the names of kernel modules that should be loaded
# at boot time, one per line. Lines beginning with "#" are ignored.

lp

#----cut here----
# Chip drivers
coretemp
#----cut here----


# modprobe coretemp

# reboot (PC再起動。これは一応です。) 


# indexmaker /etc/mrtg.cfg \

                    --columns=1 \

                    --title="Linux Mint 17 Qiana MRTG" \

                    --addhead="<META HTTP-EQUIV=\"Content-Type\" CONTENT=\"text/html; charset = euc-jp\">" \

                    --output=/home/USERDIR/public_html/html/mrtg/index.html

 

# vi /home/USERDIR/public_html/html/mrtg/index.html


 <!-- <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=iso-8859-15" > -->
(indexmakerで出力した物の、7行目辺りのこの部分を”<!--”、”-->”で括ると、文字化けしないで表示される。)
 


# vi /etc/cron.d/mrtg


(下記のように書き換えます。)

*/5 *   * * *   root    env LANG=C /usr/bin/mrtg /etc/mrtg.cfg 2>&1


以上で、インストールと設定作業は終了です。このまま、5分以上待ってみて、グラフが正常に更新されていれば、おkということです。
お疲れ様でした!(^ω^)。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7890)

私が、MUSEというツールを使って、私が耳コピした曲です。

所々お聞き苦しいかも知れませんが、どうぞ、聴いて下さい♪

ファイルの日付を見たら、2007年10月18日だった。

何かビックリしました。丁度7年前のデータです。

http://homepage3.nifty.com/~atomic/muse/muse.htm

にデータが残ってました。お借りしましたぁ。

加藤さんお世話になりました! 有り難うございました!

(その昔は、PC-386M時代、FMPを使ってましたが、遠い過去です。)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1871)

Windows 10ですか? とても気になりますね。

カテゴリ : 
Windows
執筆 : 
Blogger's Avatar  2014/10/3 17:46

最近、意表を突かれることが二回ありました。

一つは、APPLE社の「iWatch」か「iTime」かと騒がれていたのですが、実は、「Apple Watch」という名称だったという(笑)。

意表を突かれましたよ。

そして、今度は、Microsoft社の場合、「Windows 9」だと騒がれていたのですが、実は、「Windows 10」だったという。

誰も予測していなかった気がします。スマートニュースなどでも、何時も、「iWatch」、「Windows 9」と書いてありましたからね。

まぁ、未来は、誰にも予測できないと思いますよ。

予知能力がある人は、まず、たまたまだったとかね。そういうことが多いみたいですね。

そう、一昔前、細木数子さんが色々と予言めいたことを仰っていたらしいですが、実際に時が経ってみると、それほど当たっていなかったという。

未来は、誰にも予測が出来ないから、楽しいのでありますよ。

何時、地球温暖化の解決方法が突然発表されたり、原発が突然無くなって、次世代のもっと効率が良い物が発明されたり・・・。

誰にも予測が出来ないから楽しいのですよね。私は、そういう未来のことに関しては、不安になってもどうすることも出来ないので、

明るい未来を期待しております!

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1890)

私の設定ミスでした。

ごめんなさい。

No-IPの問題で、当時、色々とごちゃごちゃといじってしまったから、

その名残が残ってしまっていました。

いやぁ、すみませんでした。

今後とも、当サイトを宜しくお願いします。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1774)

前から気になっていたことですがね(汗)。

Linux Mint 17 Qianaに最初から入っている、「スクリーンショット」というプログラムは、スクショの保存先をDropboxにすると、

Windowsで同期されません。

どうやら、スクショのファイル名に、「 : 」(コロン)があると、いけないみたいですね。

そういう場合には、スクショ撮影のプログラムを変更するのがいいみたいです。

# apt-get install shutter

とやって、Shutterというプログラムを使えば、スクショの保存先がDropboxでも、ファイル名がおkなので、Windowsと同期されます。




参照:http://yutcc.blogspot.jp/2014/01/ubuntu-screenshot-dropbox-windows-doukisarenai.html

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2057)

にほんブログ村から脱退しました。

そして、MariaDBからMySQLに戻しました。

この事は、時代や時間的に逆行して居るではないか? と思う人も中にはいるかも知れませんね。

しかし、私は、「鈍く」行きたいと思いました。

「運・鈍・根」で、この世の中は出来ていると知ってます。

竹内まりやさんも、松田聖子さんも、運・鈍・根だから、あれだけ長く、トップスターを続けられるのでしょう。

私は、まだ、考えが浅かったと思いまして、「鋭い道」を選ばず、「鈍い道」を選びたいと思います。

色々と皆さん、お騒がせしました。済みませんでした。

今後とも、宜しくお願いします。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3121)

日経Linux10月号は、ここのサイトで、皆さんにご紹介したから、

私も、生まれて初めて買ってみた。

という感じですよ。

一番最初に目に付く、漫画が感動しました。

こんな漫画が世の中にはあるのか? と思ったのですよね。

為にもなる内容で、楽しめました。

今後は内容をじっくり読んでいこうと思います。

さて、竹内まりやさんの『TRAD』ですが、

TRADは意味するところ、「伝統的な」という形容詞でもありますね。

私は、感激し、感動しながら聴いてます。

今後とも、竹内まりやさんのCDは、また購入したいという、

リピーターになりそうでありますよ。

深い縁を感じる、この日経Linuxと、竹内まりやさんです。

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2055)

とても、素晴らしい試みですね!

参照、引用:http://bit.ly/1uJeVgn

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2013)

下記のリンクから、どんな内容か、知ることが出来ます。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/linux/

さぁ、ご本を買いましょう♪

Linux Mintは、Windows XPからのお引っ越しした人が、どれだけ、残るかという段階に突入してます。

皆さんは、Linux Mintを少しだけいじって、ワカラン! と言って、放り出している人は居ませんか?

こういうご本を買って、楽しむのも一つの勉強かな?

私は、立ち読み位かな? 本屋さんにない場合もあるから、

そう言うときには、アマゾンでも売ってたよね?

そういうところで買いましょう♪

下記がアマゾンへの日経Linux(2014年9月8日発売)へのリンクです。

日経 Linux (リナックス) 2014年 10月号

新品価格
¥1,540から
(2014/9/11 12:49時点)

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2273)

こんな感じです。これは、日本の過去12ヶ月のデーターです。

apache vs nginxでは、まだまだ余裕でapacheの勝利ですね。

そして、mysql vs MariaDBでも、まだまだ余裕でmysqlの勝利です。

Dockerは最近話題になってますが、本当にトップクラスの方々で

勉強が捗っている人しか使いこなせていないかも知れませんね。

私も、nginx,MariaDB,Dockerについては、ドシロウトなのですが、

このグラフを見て安心しました。(え? 皆さんも?(;・∀・))

一般ユーザーは、この対立するグラフが逆転しそうになった頃を見計らって、

使い始めても遅くはないと思います。

先駆者は苦労しますが、追随者は楽して先生達のデータを

参照して行けば、先生達に追いつくのも夢ではないかも?!

私はまったりとしていようと思います。

先駆者の方々、宜しくお願いします!!

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2219)