TOP
TOP : おはよう、晃治殿、決して悲観してしまわれないように、楽観的に生き抜いて欲しいですな。
投稿者 : yurufuwa 投稿日時: 2017-01-20 08:28:29 (211 ヒット)
悲観すれば、するだけ、辛い人生で終わりますぞ。
今の今まで、とても、上手く行っていた所に、出端を挫く事があると、神よ、何故、この私に新たな試練を与えたのであろうか? と思うであろう。
しかし、ものは考えようでありまして、神は、人間に課題が無さそうになると、課題を与えて下さいます。
それを、解決した時には、人間、一回りも、二回りも大きな人物になっているということであります。
それを知れば、決して、晃治殿は、悪いことを仰山しているから、罰を与えたのではなく、
むしろ、いい事を沢山しているから、神が叡智によりまして、仏の心を植えるべく、また更に神に近づけるように、
痛くも痒くもない、病気を与えて、様子を窺っているということであります。
確かに、糖尿の病が進行すると、とても痛いし辛くなりますが、進行を遅らせることも可能ということでありますな。
そういう訳で、我々天の神々も、また更に力を与えて、課題をクリア出来るように、努力していきますぞ。
それでは、遠くから見守っている。
あばよ。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。